楽天ポイントには貯め方がたくさんあり、よく貯まる!

SHARE

楽天ポイントには貯め方がたくさんあり、よく貯まる!

楽天ポイントには貯め方がたくさんあり、よく貯まる!

楽天グループの楽天ポイントはいろいろな貯め方でたくさん貯まると評判です。楽天市場はもちろん、楽天にはさまざまなグループ会社があり、実際にポイントを貯める方法についてさまざまな角度からご案内します。

楽天のポイントはよく貯まると評判!

楽天グループには、楽天市場だけでなく、金融の楽天銀行、楽天証券、楽天カードがありますし、楽天トラベル、楽天モバイルなどさまざまなグループ会社があり、それぞれの会社の利用で楽天ポイントが貯まる仕組みです。

しかも、それらのグループ企業で1ポイント1円で使うことができ、いろいろな特典もついてきます。それぞれの楽天グループ会社間でうまく利用すれば、2倍、3倍とポイント還元率が高くなるのです。

特に各社との連携でポイントが貯まりやすいのが、楽天カードです。この楽天カードを利用して、各グループ会社のポイント還元率を上げる方法があるのです。

さらに、グループ各社間の連携によってポイント還元率は高くなると評判です。楽天グループの楽天トラベル、楽天銀行、楽天証券などで取引をしますと、それに応じてポイントが貯まります。金融取引の場合には、金額が大きくなりますので、ポイントも大きく貯まりやすいのです。

この楽天ポイントの還元率を上げてポイントを貯める方法についてご説明していきます。

楽天カードのポイントはよく貯まる

楽天カードは、楽天グループが発行しているクレジットカードです。海外ブランドも、VISA、Mastercardが選択できますので、海外旅行でも便利に仕えてポイントも貯まります。

楽天ポイントは、楽天市場での買い物ではもちろん貯まりますが、楽天カードを利用して支払いをすれば、さらにポイント還元率は2倍になります。また、イベント、キャンペーンを利用すれば、5倍~20倍のポイントを貯めることもできるのです。

楽天カードのポイント還元率は高い

楽天市場では、楽天カードで支払をしますと、ポイント還元率が2倍に上がるだけでなく、各店のキャンペーン期間、イベント企画に連携してポイントの還元率が上がる仕組みになっています。

そのため、楽天市場での買い物は、楽天カードで決済をすることによって、ポイント還元率は他のカードで決済するのに比べて、2倍以上に高くなるのです。

楽天グループ以外での楽天カード利用でも、ポイント還元率は1%と通常のクレジットカードに比べて高くなっていますが、楽天市場などのグループ会社で使うことによって、ポイント還元率はさらに倍以上に高くなります。

楽天カードは年会費も永年無料

楽天カードは、年会費が永年無料ですし、審査も楽天市場や楽天グルーブでの取引実績がある場合には、簡単に審査に通ることができます。入会に際しては、特別なポイントプレゼントもあります。

しかも、さまざまなキャンペーンが行われ、そのキャンペーンごとにポイント還元率が高くなるのです。

楽天カードの入会時のポイントプレゼント

楽天カードは、常時入会キャンペーンが行われており、いくつもあるカード個々にキャンペーンがあり、それぞれに魅力的なポイントプレゼントがあります。

例えば、年会費無料の楽天カードでは、入会と初めてのカード利用で5,000ポイントがプレゼントされます。ポイントのプレゼントは、会員サイトの「e-NAVI 」で5営業日後に受けとることができます。

楽天カード入会キャンペーン

 

楽天カード入会キャンペーン

楽天カードに入会した時には、その時点で2,000ポイントがプレゼントされます。さらに、初めて利用した時には、金額に関係なく3,000ポイントがプレゼントされます。

楽天ゴールドカード入会キャンペーン

楽天ゴールドカード入会キャンペーン

楽天ゴールドカードに入会した時には、その時点で2,000ポイントとゴールド会員特典として4,000ポイントがプレゼントされます。さらに、初めて利用した時には、金額に関係なく2,000ポイントがプレゼントされ、合計で8,000ポイントを貯めることが可能です。

年会費は2,160円が必要ですが、ポイントが貯まりますので、年会費は充分カバーできます。また、利用限度額が200万円、ETCカードが無料、ポイント還元率が最大5倍に高くなるなどのメリットも多くあります。

申し込み時に年会費無料の通常の楽天カードと選択できますし、通常カードからゴールドカードに切り替えも可能です。

楽天プレミアムカード入会キャンペーン

楽天プレミアムカード入会キャンペーン

楽天プレミアムカードに入会した時には、その時点で2,000ポイントとプレミアム特典として5,000ポイントがプレゼントされます。

さらに、初めて利用した時には、金額に関係なく6,000ポイントがプレゼントされ、合計で13,000ポイントを貯めることが可能です。

年会費は10,800円が必要ですが、さまざまな年会費を上回るサービスが受けられ、ポイント還元率が最大5倍に高くなるなどのメリットも多くあります。

申し込み時に審査はありますが、いろいろな楽天カードから選択できますし、他のカードからプレミアムカードに切り替えも可能です。

楽天法人カード入会キャンペーン

楽天カードの法人向けの楽天プレミアムカードや楽天ビジネスカードでも入会キャンペーンを行っており、入会時に最大で8,000ポイントがプレゼントされます。

楽天カードの家族カード入会キャンペーン

楽天カードでは、家族カードが発行できます。この楽天カードは専業主婦や高校生以上で発行も可能で、家族カードを申し込めば家族で1,200ポイントのプレゼントがあります。
家族みんなで楽天を利用すれば、さらにポイントが貯まります。

楽天グループのイベント、キャンペーンによるポイント加算

楽天カードには、入会キャンペーン以外にもさまざまなキャンペーンがあります。

1つは、ショッピングの際に天カードでリボ払いを選択した場合には、ポイント還元率が5倍になるキャンペーンがあります。
但し、期間限定のキャンペーンであり、そのキャンペーンごとにエントリーしておく必要があります。

2つ目は、友だち紹介キャンペーンです。友だちにLINEやメール、twitter などで定型文面を貼り付けて紹介して、入会した場合には、本人と入会した友だちともに1,500ポイントがプレゼントされます。友だちをたくさん紹介すれば、それだけで結構なポイントが貯まります。

3つ目は、「楽天カード利用キャンペーン」で、キャンペーンにエントリーすれば、楽天カードで毎月利用金額が2,500円以上の場合には、抽選で購入金額分のポイントがプレゼントされます。

楽天カードには電子マネー搭載で利用範囲が広がる

楽天カードには、電子マネーの楽天Edyが使えます。楽天Edyは、前払い方式の電子マネーで全国40万カ所のお店で使うことができます。

楽天Edyにクレジットカード機能でチャージすれば、それによって楽天ポイントが貯まりますし、実際に楽天Edyで決済することによってさらにポイントが貯まりますので、実質的に2倍のポイントが貯まることになります。

また、楽天ポイントを楽天Edyのチャージに使うこともできます。

楽天カードの電子マネーが使える場所

楽天カードの楽天Edyが使える場所には、セブンイレブン、サークルK・サンクス・スリーエフ、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ヤマザキDailyなどの主要コンビニはもちろん、マクドナルド、マツモトキヨシ、ヨドバシカメラ、紀伊国屋書店などのチェーン店でも使うことが可能です。

全国40万カ所のお店で、タッチするだけで待たずに決済ができる上に、ポイントも付いてくるのです。

楽天ペイで二重にポイントが貯まる

楽天では、楽天以外のネットショッピングで楽天ポイントが貯まる仕組みで、支払い時に「楽天ペイ」を選択して、さらに楽天カードで決済すれば、ポイントは2重にもらえます。

無印良品やドミノピザなどで100円1ポイントが付きます。

楽天カード持参の海外旅行でポイントアップ

楽天カードには海外ブランドがアメリカン・エキスプレス・カード、VISA、JCB、Mastercardから選べるため、海外においても買い物や現地での現地通貨によるキャッシングが可能です。

海外ではやはりショッピングが人気であり、楽天カードの海外ブランドで決済をすることで、ポイントを稼ぐことができます。

海外ブランドによる買い物は、ポイント還元率は1%ですが、海外旅行におけるツアーやホテル、航空機、レンタカーなどの予約を楽天トラベルで予約すれば、予約だけでポイント還元を受けることができます。

すなわち、実際に現地での支払いによるポイントとは別に、予約においてもポイントが付くため、実質2倍のポイントが貯まるのです。しかも、ツアー予約の場合には、ツアー代金を楽天トラベルで支払えば2倍のポイントが貯まるので、実質3倍以上のポイント還元になるのです。

また、楽天カードを海外旅行で利用した場合には、抽選で20,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンがありますので、出かける前にエントリーをしておきましょう。

楽天カードの海外ブランドVISAはお得

海外ブランドは海外旅行においてはその信頼度は高く、クレジットカードの使えるお店であれば、VISAなどは99%のお店で使えると言われており、世界中どこに行っても便利に使うことができます。すなわち、ポイントがどんどん貯まります。

また、国際ブランドは、持っているだけで、身分証明書の代わりになり、ホテル、レストランなどでも優待され、しかもポイントも貯めることができるのです。

海外旅行では利用限度額の増額が可能

海外旅行に行く際には、やはりショッピングを思う存分したいという方がいますが、カードには利用限度額があります。楽天カードは、楽天の会員専用サービスである「楽天e-NAVI 」から利用限度額を一時的に増額することができます。

ショッピングを思う存分することで、ポイントも一杯貯まります。また、現地での絶品ディナーなどの予約を楽天カードですれば、ポイントは実質3倍貯まります。

海外旅行保険が充実

楽天カードには、他のクレジットカードに比べても充実した海外旅行保険が利用付帯で付いてきます。三井住友海上の緊急医療アシスタントサービスが受けられ、高額な医療費も補償されますし、医療費の支払いを楽天カードですれば、ポイントも付きます。

海外での高額な医療費に備えて何枚もクレジットカードを持っていく場合もありますが、楽天カードの海外旅行保険には2,000万円と大きな補償枠があり、楽天カード1枚あれば足ります。

安心して海外旅行を楽しめます。

さまざまな海外旅行特典

楽天カードを持って海外旅行にいきますと、それ以外でもたくさんの特典がいくつもあります。

ハワイのワイキキにあるハワイ・ワイキキTギャラリアハワイby DFSの2階には、楽天カード会員専用のラウンジが用意されており、休憩だけでなく、荷物一時預かり、キッズコーナーがあり、ワイキキ観光の拠点として利用ができます。

その他にも、お土産、カバンなどの宅配サービスを安い料金で利用できるサービスがあり、手数料の支払いを楽天カードでしますと、通常の10倍のポイントが還元されます。

また、海外でのレンタカー利用をする場合には、楽天カードと提携しているハーツレンタカーは通常の10%オフで利用でき、さらにポイントも付きます。楽天トラベルで予約すれば、予約ポイントも付きますので、実質2倍のポイントが貯まるのでお得です。

海外旅行でポイントアップの機会

このように、楽天カードを持って海外旅行をすることによって、さまざまな特典で楽しい旅になること間違いなしで、さらにポイントもたくさん付きますので、一石二鳥と言えます。

楽天ポイントの貯め方の裏技

楽天ポイントをたくさん貯めるためには、その他にもたくさんの方法があります。基本的には、楽天グループのサービスを使い倒すことで、ポイントは知らない間に膨らんでいくのです。

楽天銀行で楽天ポイントが貯まる

楽天グループの金融部門には、楽天カードだけでなく、楽天銀行、楽天証券などがあり、これらのグループの金融サービスを使うことでポイントを貯めることができますし、サービス代金にポイントを使うことも可能です。

楽天銀行は、もともとイーバンクであったネット銀行をグループに買収した銀行です。

楽天銀行で口座を開設して、1,000円以上の入金をしますと、1,000ポイントのプレゼントがあります。

また、給与の振込口座に指定して入金が行われた時や、銀行振込、口座振替手数料に応じてポイントが貯まるので、知らない間にポイントが貯まります。

楽天市場でショッピングをして楽天カードで決済し、その引き落としを楽天銀行で行いますと、お店でポイントが付くとともに、楽天カードで2倍、楽天銀行でも1%のポイントが付くため、4%分のポイント還元になるのです。

しかも、イベントやキャンペーン商品であれば、20%のポイント還元も夢ではありません。

楽天証券で楽天ポイントが貯まる

楽天証券は、もともと三井住友銀行系列の「DLJディレクトSGF証券」を楽天グループが買収した証券会社です。

楽天証券は、株式投資だけでなく、FXや少額投資のNISAなどの部門もあり、それぞれにデビューキャンペーンを行っており、それぞれにポイントプレゼントがあります。各種商品を利用することで最大で22,000ポイントの還元を受けることができます。

楽天証券の株式、投資信託などの取引手数料は証券会社としてはかなり安いと評判ですが、「超割コース」を利用しますと2%のポイント還元が受けられます。

また、投資信託の積立手数料は全額ポイントバックを受けられ、投資信託の月末残高に応じてポイントが貯まります。

投資信託は、株式、FXに比べますと、リスクの少ない投資をすることができますので、銀行利息がほとんどないに等しい現状では、貴重な資金運用であり、実質的に手数料がポイントで補填されますので、有利に資金運用してポイントも貯められます。

楽天銀行と楽天証券の連携のハッピープログラムでポイントを貯める

楽天銀行には、「ハッピープログラム」という楽天銀行と楽天証券の口座連携サービスがあり、ポイントサービスを受けられます。

この楽天銀行の「ハッピープログラム」にエントリーしますと、楽天銀行内の取引回数などによりATM手数料、他行振込手数料の無料回数が多くなるとともに、手数料に伴うポイント獲得還元率も高くなります。

この「ハッピープログラム」にエントリーしますと、楽天証券においてもそれぞれの取引においても手数料だけではなく、残高などに応じてポイントが貯まるのです。
安全な資金運用をしてポイントを貯めることができます。

楽天モバイルで楽天ポイントが貯まる

楽天モバイルでは、格安スマートフォン提供のサービスを行っており、普段それほど通信容量を使わない方などは月額通信料を節約することもできます。格安SIMだけではなく、スマートフォン本体の販売も行っており、セット購入で大手キャリアに対してかなり料金を抑えることができるのです。

毎月の通信料の支払いに対してポイントが付き、さらに楽天カードを利用して楽天銀行から決済する場合には、通信料の支払い1%+楽天カード2%+楽天銀行1%と合計で4%のポイント還元が受けられますので、知らない間にポイントがどんどん貯まります。

このスマートフォンや格安SIMを購入の場合には、さまざまなポイントプレゼントがあります。楽天プレミアムカードに入会した場合には、楽天モバイルの月々の支払に対してポイントは20倍還元になります。
また、格安SIMで楽天市場で買い物をすれば、ポイントは通常ポイント+2倍付き、さらに楽天カードと楽天銀行を利用すれば、5倍になります。

お金をかけなくても楽天ポイントは貯まる

楽天では、お金をかけなくても楽天ポイントが貯まる仕組みがあります。
「Rakuten ウェブ検索」では、検索回数に応じて毎日一定のポイントを山分けする仕組みになっています。
さらに新規にインストールして5回検索するだけで100ポイントがもらえ、さらに5日間以上は毎日100ポイントがもらえるため、5日間で最大500ポイントが貯まります。

また、「Rakutenスーパーポイントギャラリー」や「Rakuten Infoseek ポイナビ」では、さまざまなポイントが貯まるキャンペーン情報を提供しており、メルマガに登録したり、会員登録でポイントが貯まるサービスもあります。

「Rakuten Infoseek メールde ポイント」では、いろいろな分野の情報をポイント付きのメールで配信しており、無料登録で100ポイントがプレゼントされます。

さらに、アンケートサイトの「Rakuten Insight」では美味しいポイントが貯まるオンラインアンケートを実施しています。無料登録や最初の回答で200ポイントがプレゼントされます。

これらのサイトは、無料登録によってお金をかけずにポイントが貯まっていく仕組みになっており、意識すれば、ざくざくとポイントを貯めることができるのす。

楽天のポイントのお得な使い方

楽天ポイントは1ポイント1円で使えます。この楽天ポイントの使える場所や商品購入以外の使い方についてご紹介します。

楽天ポイントの使える場所

楽天ポイントが使える場所としては、やはり楽天グループの会社などになります。しかし、楽天市場、楽天トラベルなどグループ会社以外でも、マクドナルドや無印良品のネット通販などではポイントも付きますし、ポイントを使うこともできます。

その他、楽天IDでの決済のできるネット通販サイトでは、楽天ポイントは貯められるとともに使うこともできるので便利です。

さらに、グループの「楽天ふるさと納税」では、各自治体への寄付を楽天ポイントででき、それによって地方自治体において住民税の控除を受けることが可能です。

楽天ポイントと交換できるポイント

楽天ポイントは、買い物に使えるだけでなく、他のポイントとも交換ができます。
例えば、ANAマイルとは楽天2ポイントで1マイルと交換できますし、Edyとの交換も等価でできます。

さらに有力クレジットカード会社20社との間でもポイントの交換が可能です。(交換比率は各社で違っています)

その他さまざまな銀行や公共系サービス会社とのポイント交換ができますので、便利に使うことが可能です。

楽天ポイントの現金化

楽天ポイントは、通常、買い物、サービスに充当することにより使用しますが、楽天の商品券販売センターを使えば、効率は多少悪くなりますが、現金化することができます。

商品券販売センターでは、百貨店などのギフトカードを楽天ポイントで購入できます。ギフトカードの場合には、1,000円のギフトカードであれば、1,110円で購入できるのです。このギフトカードを金券ショップに持っていけば、95%程度で買い取ってもらえます。

どうしても現金で欲しいという場合には、利用してみる価値はあります。

楽天ポイントの注意点

楽天ポイントを貯めるためには、注意しておく点があります。

1つは、ポイントを貯めるために無理に要らない商品を購入したりすることは、結果としてはマイナスになることがありますので、よく考えて貯めるようにしてください。

特に、楽天カードのリボ払いを利用すれば5%の還元率が受けられますが、長期のリボ払いの場合には、手数料が年率15%かかりますので、実質的にはマイナスになってしまいます。短期で支払いが終わる形で利用しなければ、ポイントを貯めるメリットがでません。

楽天ポイントには有効期限がある

楽天ポイントの有効期限は1年ですが、キャンペーンのポイントプレゼントなどの場合には期間限定のポイントもあります。従って、常にポイントの有効期限に注意を払っておきませんと、有効期限が切れて使わないままに失効することもあります。

期間限定ポイントには注意が必要!

キャンペーンなどで付与される期間限定ポイントの場合には、1ヶ月程度の短い期間が設定されている場合も多くありますので、ポイントが失効する前に消化しておく必要があります。

現金化の方法が無いわけではありませんが、やはりコストパフォーマンスが悪くなり、せっかく貯めたポイントの一部が無駄になりますので、やはり楽天市場などで商品購入がよいでしょう。

楽天ポイントで快適に暮らそう!

さまざまな楽天ポイントの貯め方についてご説明しました。

楽天ポイントは、楽天グループでは1ポイント1円で使うことができますので、さまざまな使い道があり、生活に潤いをもたらしてくれます。

その意味で、楽天ポイントが貯まる方法を熟知して、機会あるごとに貯めることで快適なライフワークを過ごすことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です