使用すべき決済方法|クレジットカードは決済手段として最適

SHARE

使用すべき決済方法|クレジットカードは決済手段として最適

決済手段:クレジットカード

理由:現金だと領収書が何枚も保管することになり紛失したりなどリスクがありますがクレジットカードだと用途や日時など管理しやすいからです。

また、急な現金での出費のことも考えるとクレジット決済での後払い方式で時間的、金銭的猶予を設けることができ計画をしやす利点もございます。

小さなことではありますが知らずうちしてポイントも貯まっていきそのポイントを利用して雑費の買い物にも活用もできたりなど、現金での統一だけでなく

クレジットカードの利用をすることでのメリットは多数あるものかと思います。

クレジットカードの利用を拒む人の中で「使いすぎるのが怖い」や「紛失してしまって勝手に使用されたらどうしようと」等々の理由で作らない方が多いですが

今の各会社は当たり前のサービのの一環として90日間さかのぼっての全額返金保障や使い過ぎ防止のためのリミットでの制御サービスなども

備わっており今までの一般的であった作成拒否理由をすべてクリアできている現状です。

インターネットの普及が数年前と比べてかなりの成長を遂げている現在、ネットショッピングやネットを通してのサービスが増えている現代社会で

「楽天」「ヤフーショッピング」「アマゾン」といったモールを利用しているカスタマーは年々増加していっている一方でポイントをその会社が運営するモールで

活用できるといった仕組みが一般になっていっている中でもはやクレジットカードは必要不可欠と考えます。

オフライン社会でも「ラインペイ」や「ペイペイ」といったツールを使っての決済が増えていっているのもクレジットカードと似たような

需要が高まっているのではないでしょうか。

オフラインとオンラインの統一現象が進む一方で一つ懸念しなければいけないのはウイルスやスキミングでの情報の盗難による事件や

問題発生による被害者の増加などの心配です。

国や大手企業のエンジニアによる防止策の開発、企画に力を入れていかないといけない背景があると私個人として考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です